categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryGOSICK

GOSICKⅦ-ゴシック・薔薇色の人生-

trackback0  comment3
数年ぶりの新刊届きました。
この日を待っていたんだ

GOSICKVII‐ゴシック・薔薇色の人生‐ (角川文庫)GOSICKVII‐ゴシック・薔薇色の人生‐ (角川文庫)
(2011/03/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


あらすじ

クリスマス直前の気分に華やぐ聖マルグリット学園。だが、外の世界では「2度目の嵐」が迫りつつあった。
父ブロワ侯爵によって首都ソヴレムに召喚されたヴィクトリカ、心配で後を追う一弥。
ソヴュール王国最大のスキャンダルにして謎、王妃ココ=ローズの首なし死体事件に挑むふたりに侯爵の謀略が・・・・・・。
豪華劇場に過去と現在が交錯し、大いなる謎が暴かれたとき、世界はその様相を変える。
ヴィクトリカと一弥の運命は!?



ネタバレ含みます。感想は追記よりそうぞ。
一弥のウサちゃん発言萌えた・・・。

それ以降も萌えがいっぱいありました。

が、しかし。今回はうかうか萌えていられない。


ヴィクトリカの母、コルデリア・ギャロの悲惨な過去。明らかになっています。
今回の事件は-過去-過去に起きた、王妃ココ=ローズの殺人事件。これがまた、すごい。こちらはGOSICKsⅢで名前があがってましたからね、これに関することだとは思っていました。

王宮の謎を解くためにヴィクトリカが巻き込まれる。一弥はもちろん、心配で後を追います。

ほかの巻では、いつもヴィクトリカと一弥ふたりきりでした、が。
今回はセシル先生、寮母のゾフィがふたりを引き合わせるアシストに。

セシル先生株、急上昇。かわいくて天然なだけではなかった。すごく、いい。

ヴィクトリカはいつも「退屈だ、退屈だ。事件に巻き込まれろ」とか言ってました。しかしそんな彼女が、
一弥を巻き込みたくない、と、セシルと一弥に帰れといいます。
しかし、一弥は引き下がりません。自分を犠牲にしてでも、彼女のそばにいたい。

ふたりの出会いからいままでを考えて、すごい成長だと思う。
誰にも断ち切ることのできない、強い絆、愛。

あああ、もう感想書いてたらまた涙出てきた・・・・


もう、読んで!みんな読んでください(泣)感想とか言ってられない!

もうやばかった。いままでで一番胸熱だった。



残りは、短編4巻と、最終巻を残すのみ。
短編4巻についてはすでに連載で読んでいるので、書き下ろしは確実には残り1冊です。ああ、嬉しいような、寂しいような・・・。
寂しいです。
でも本当に、完結するんだな。・・・・ああ、また涙が・・・。

GOSICKファンで、よかった。
スポンサーサイト
 
こんばんワニです♪((殴
お久しぶりです~^^ちゅりねです。私もかいましたああああああ((黙 本当に、本当に、よかったですよねええええええええ(黙
野性時代…GOSICKの一回目の連載のときは買いましたねえ((殴 そのほかは、全部立ち読み(ry 全く別の話になりますが、地震があって、春河さんが、「少しでも、私たちにできることをしましょう」とか、募金のバナー(?)を貼ったり、私も、将来、春河さんのような高校生になりたいなあと思っています。なんか……すみません; ;

今度、GOSICK語りませんか??(キリッ
あ、もう全然スルーOKなんで\^p^/

                   
また、コメしますね~^3^ 駄文、失礼しました~; ;
Re: ちゅりね♪さん
わわっ!そんなこと言っていただけるなんて、すごく嬉しいです!
小さなことでいい。周りの人も募金とかしてるので、自分もできることをやろうって思いました。
たった1円の募金だって、多くの人がやればものすごい金額になりますからね!

GOSICK新刊やばいですねー!今度是非是非!語りましょう(*'ω'*)ノ

コメントいつもありがとうございます^^
何度も、すみません…; ;
こんにちは~。わざわざ、コメのお返しありがとうございましたあ~(u^_^u)
そうですねえ……募金。一人でも多くのひとがすれば、ものすごい(?)額になりますよね。

あのぅ、本当に、厚かましい話なんですが、語る(GOSICKを)としたら、どこで語りますか?((黙 私は、ツイッターもピクシブもやつてないので……; ;
本当に、こういった方がいてよかったなあと思います(•^_^•)


★駄文失礼しました★










        
 
http://mitsu330.blog13.fc2.com/tb.php/117-ededad95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。